MENU

人事・労務管理支援 会社設立登記・事務支援

ベトナムの労働事情と労働法・労働契約

労働事情

ベトナムは、労働人口の平均年齢が30歳未満と若く、人件費も他のアジア諸国と比較しても安価な国であるといえます。また年間の祝祭日の日数も少なく非常に魅力的な一面があります。
一方で、日本のような「管理職」という働き方が定着していないため、海外赴任者はベトナム人の労働者の管理や教育、管理職の育成に苦労するケースが非常に多いといえます。

労働条件や労働法で規定されている内容

ベトナムの労働に関する諸条件は、以下のとおりです。

法定労働条件
法人
雇用契約
  • 雇用契約の種類は、下記の3種類です。
    ①期限の定めのない労働契約(無期限労働契約)
    ②12ヵ月以上~36ヵ月以内の期限付きの労働契約(有期限労働契約)
    ③季節労働または特定業務に関する12か月未満の労働契約
    *期限付きの労働契約の更新には、一定の制限等があります。
勤務時間
  • 週休1日以上
  • 48時間/週
  • 8時間/日
残業
  • 4時間以内/日(*1日の労働時間は12時間以内)
    *但し、「36時間/週」を超える時間外労働については、全面的に禁止
  • 200時間/年
    *但し、政府の承認を受けることで、「300時間/年」までは可能
休憩時間
  • 1日8時間もしくは連続6時間の勤務につき30分以上
  • 深夜勤務の場合は45分以上能
試用期間
  • 短期大学以降の専門・技術水準を要する仕事の場合は、60日以内
  • 一般的な場合は、30日以内
  • 給料は、正式採用時の85%以上
年次有給休暇
  • 12~16日
    *12ヵ月以上勤務した者に対して付与
    *勤続5年毎に1日ずつ増加
  • 勤務期間が12か月未満の場合は、1ヵ月に1日付与
  • 未消化の年次有給休暇を賃金として清算することも可能
法定休日
(祝祭日)
  • 年間10日間
    正月、旧正月、解放記念日、メーデー、独立記念日など
退職金
  • 雇用期間1年につき、月給の50%
産休期間
  • 出産前後で6ヵ月
    ただし、出産前の休暇期間は2ヵ月以内
定年退職
  • 男性:満60歳
  • 女性:満55歳
    ただし、技術の専門性が高い場合や管理業務を行う被雇用者は、5年を上限として定年退職の延長が可能
就業規則
  • 従業員を10人以上雇用する企業は、就業規則の作成と届出が義務
    *就業規則はベトナム語または英語で記載し、労働組合と協議のうえ労働当局へ提出し、登録の承認を受けることが必要
社会保険
  • 外国人も含めたベトナムで働く従業員は、社会保険に加入することが義務付けられている

事務支援・会社設立登記